MENU
  • LINE予約
  • 048-949-6669
  • 料金表

知っておくとタメになる慰謝料についてのお話

草加市,整骨院,交通事故治療,整体

最近また増えているといわれる交通事故の被害。

 

交通事故はいつ起こるか予測できるものではありません。

 

事故の直後は何でもない痛みも日にちが経つにつれて、痛みが増し、慢性的な痛みとなってしまうことも少なくありません。

 

からだの痛みは、一人ひとりに個人差があり、その痛みを言葉で表すのは難しいものです。

 

そのようにお悩みの方に草加市花栗のおくさわ整骨院がチカラになりたいと思います。

 

交通事故治療のための整骨院選び

草加市,整骨院,交通事故治療,整体

整体や整骨院に通いたいと思っていても、たくさんある中からどの整骨院を選んだらよいか悩んでしまい、なかなか通院に踏み出せないことも多いかもしれません。

 

おくさわ整骨院では、そういった方に安心して治療を受けていただくことができます。

 

治療で心配なのが、治療費用の面でしょう。初めて通院をする場合、どのくらいの費用が掛かるものなのか心配ですが、交通事故治療には保険を適用することができます。

 

また、交通事故治療の場合、相手方からの慰謝料の請求などでお困りの方もいらっしゃるかと思いますが、そういったお悩みも当院に相談することができます。

 

交通事故で適用される保険とは?

草加市,整骨院,交通事故治療,整体

草加市のおくさわ整骨院では交通事故の治療には強制保険である自賠責保険が適用されます。

 

また自賠責保険だけで賄えない場合は、任意保険が適用できる場合もありますので、安心して治療に専念することができます。

 

そして、交通事故治療のノウハウを生かして、難しい保険請求のやり取りや納得する慰謝料がもらえないなどのトラブルに的確なアドバイスをしてもらえ、さらに弁護士の紹介を受けることもできます。

 

また、他院からの転院や併院も可能ですので、通院中でもなかなか症状が緩和されないとお困りの方も安心して通院することができます。

 

交通事故はからだへのダメージだけでなく、心への精神的ダメージもとても大きいものです。

 

大したことがないと思っていた怪我であっても、結果として、長く残ってしまうということが少なくありません。

 

そのようなからだと心へのダメージを少しでも取り除けるように、まずはからだの痛みを取り除くことから始めてみましょう。

 

慰謝料の計算方法

草加市,整骨院,交通事故治療,整体

二種類の計算方法があります。

 

総治療日数×4,200円
または
通院日数×4,200円×2

 

こちらの金額の少ない方が優先される慰謝料となります。

 

計算例
@90日間の治療期間で30日の治療回数
90日×4,200円=378,000円
30日×2×4,200円=252,000円

 

@の場合、252,000円が目安慰謝料となる。

 

A100日間の治療期間で60日の治療回数
100日×4,200円=420,000円
60日×2×4,200円=504,000円

 

Aの場合、420,000円が目安慰謝料となる。

 

慰謝料は
通院日数に比例しますが、治療を開始してどのくらいの期間、どのくらいの通院が必要であったのかに応じて慰謝料は支払われます。

交通事故のトラブル解決なら専門の弁護士が強力バックアップします!

草加市,整骨院,交通事故治療,整体


草加市,整骨院,交通事故治療,整体


草加市花栗・松原・小山おくさわ整骨院は交通事故専門弁護士と提携しています!
交通事故治療なら整骨院へご相談ください


ご予約はLINEなら24時間対応できます

草加市,整骨院,交通事故治療,整体


草加市,整骨院,交通事故治療,整体
こちらをタッチするとつながります。
※お電話は診療時間内のみ受け付けしております。
※1人で施術対応しているため、お電話に出られなかった場合はLINEからご連絡ください。

※当院への直接の営業や勧誘の電話などはお断りしております。
すべてメール対応とさせていただきます。
メールはこちら≫okusawaseikotsuin@gmail.com
メールの内容次第で折り返しのご連絡をいたしますので予めご了承ください。


草加市,整骨院,交通事故治療,整体

慰謝料記事一覧

交通事故の慰謝料とは、事故によって被った精神的な苦痛に対する賠償のことです。精神的な苦痛の度合いは人それぞれですが、交通事故の場合の自賠責保険の慰謝料計算方法はだいたい決まっています。どのような計算方法かというと、怪我の治療にかかった医療機関への通院日数をもとに計算されます。どれくらいの額かというと、通院日数1日あたり4,200円です。慰謝料の支払い対象になる通院日数を基準日数といいますが、基準日...

交通事故の慰謝料基準には、自賠責基準や任意保険基準、弁護士(裁判)基準という3種の基準があります。まず自賠責基準ですが、これは自動車損害賠償保障法によって定められた強制保険です。車両を購入する際は、必ず加入することが義務付けられています。次に任意保険基準ですが、これは民間の保険会社がそれぞれ独自に定めている基準です。弁護士基準は裁判基準と呼ばれることもあり、弁護士が保険会社と示談交渉を行う際に、使...